夕食を食べながら主人と何気ない会話をしているときが一番幸せ!

私が幸せを感じる瞬間は,毎日の夕食のときです。
私は専業主婦で,毎日夫を仕事に送り出し後,家事を行っています。
専業主婦の仕事は楽なように思われますが,毎日やらなければいけないことがたくさんあります。
家族の洗濯から始まり,部屋の掃除や買い物とあっという間に時間が過ぎてしまいます。洗濯も季節や天気によって干す場所を変えたり,洗濯の仕方も変わります。(雨天のときは乾燥機を使い,晴れていれば外干しをします。)買い物もチラシをみては安いスーパーマーケットに出かけ,晩ご飯・朝ご飯の食材を買ってきます。
さらに,我が家は愛犬(パグ・名前は「モモ」といいます。)を飼っているので,その世話も大変です。でも,とてもかわいいので,世話をしているときはとても幸せな気持ちになれます。
主人が帰宅するのはだいたい午後7時頃です。ですので,その時間に合わせて5時30分ころから夕食の準備に取りかかります。
主人は高血圧症で糖尿病の心配もあります。肉類が大好きな主人ですが,なるべく魚と野菜類中心の献立にしています。
主人が帰宅すると,すぐに夕食です。夕食のときにはお気に入りのBGMをかけて食事をします。
主人は多分疲れて帰ってきたのに,私の話をよく聞いてくれます。今日一日の出来事や愛犬「モモ」の様子,私の母(近所に住んでいます)の様子,友達との会話……。
どれもこれも,主人にとってはつまらない内容ばかりだとは思います。それでも,主人は「うん,うん。」「へー,そんなことがあったの!」「それはこうした方がいいんじゃないの。」と親身に私の話を聞いてくれます。
そればかりではありません。私が作った料理もよく褒めてくれます。
一日中,家にいる私にとって,夕食を食べながら主人と何気ない会話をしているときが一番の幸せです。セブンデイズカラースムージーの口コミが知りたい。

恋愛で後悔している元彼女のことについて

恋愛で後悔しているのは最後につきあった彼女を断ったことです。なぜかというとその彼女は、容姿も性格もよく、一見やさしい彼女だったからです。その元彼女とは、3か月という短い間だったんですが、断ろうかどうしようか迷って悩むことも自分にありました。
 それは彼女の経歴でバツ2で子供が2人いたことです。それで一見良い人にみえたけど3か月で断ってしまいました。当時28歳でバツ1まではまだしもバツ2になると少し安易に離婚しすぎに見えました。お子さん2人も会わず控えてました。僕も特技で剣道の先生もしていたんですが、お子さんとバツ2というハードルを背負う勇気がありませんでした。お子さんの将来とか自分の血筋じゃないから後で僕も後悔したくなかったし、まだそんなに好きじゃなかったんだろうと思いました。すぐに別れて何か目標を失った様に孤独になりましたが、元彼女が余計良い人にみえて悩んでいました。やさしい話し方だし、明るい性格だったし、前向きな性格だったんで断らない方がよかったかなと後悔していました。そこで思いました。恋愛は、断ったほうも苦労するんだなって思いました。
 振られたりで悩んだりだけじゃないんだって、気づきました。振られることが多かったんだけど断ったりしたのははじめてだったんでがっかりでした。それから恋愛から遠ざかっており、10年くらい彼女がいません。そういう影響から恋愛に対して難しかった結果、僕は資格修得の道を選んでたくさんの民間資格を取りました。資格をとった今、その恋愛について、しかたないただ付き合いが長かったら今までの収入じゃ離婚していたんだろうと思うようになりました。離婚が多い現在あまりバツ2を気にしててもしかたないと思うようになった時代後悔して本当は良い人ができなかったからお付き合いだけしとけばよかったと思いました。彼女と結婚を先走る性格だった僕が40歳になって、結婚についてあまり良い人がいないならこのまま今入力をしていてしかたないだろうと思うようになりました。ただ前の彼女みたいに明るい人がいなくてマイナス思考の人や人の文句を言ってばかりいる人しかいないので前の彼女ともう少し長く様子を見ればよかったと思うようになりました。もう連絡先も記録していないしリセットしたからしかたないです。ただまた良い人に出会えるまで頑張っていきたいです。ドモホルンリンクルの無料お試しセットを評価してみました。

スイーツスイーツスイーツ!!しあわせ?

しあわせな時間、それはスイーツブッフェに行くこと。しあわせな時間をひとりで堪能します。けして友達がいないわけではなく、一人で甘いものを満喫したいのです。

会場について、まずざっと全体を見渡します。甘いものはすきですが、私の胃には限界があり、その限界はわりとすぐにくるため、食べたいものがあるのに、もう喉いっぱい!!という状況を防ぐために食べたいものをチェックします。もちろん大好きなチョコレート系は外せません。

食べたいものをチェックしたらあとは食べるだけ!コーヒーをいれて、すきなものをチョイスして、いただきます。

甘さが口の中で踊ります。甘さと酸っぱさがおりなすハーモニー、チョコレートの香り‥。
ふわわわ、と頭にしあわせカーテンが降りてきます。日々の些細なイライラやつまづきが、頭から追い出されてかわりに降りてくる「ま、いっか」
些細だけれど、しあわせな時間。これはひとりだから味わえるのです。周りのかしましいおばさんの、哀れむような視線は無視です。あなたは人と話すことで発散しているストレスをわたしは食べることで発散してるの!と心の中で毒づいてやり過ごします。

わたしの胃袋は二巡くらいが限界です。食べたら、ゆっくりコーヒーを満喫します。日当たりのいい窓際で、外を見ながらぼんやりなんにも考えずに過ごす時間は貴重です。こどもが、幼稚園に行っている間の2時間、月に一度あるかないかの楽しみ。

それが、わたしのしあわせな時間です。ヒートスリム|口コミ評価は?ダレノガレ明美も愛用

本物のラッキーは不意にやってくる!

よく行くショッピングセンターで、1000円購入するごとに応募用紙が1枚もらえ、欲しい商品にマルをつけて応募すると商品が当たるかも知れない!
そんな企画をやっていました。
商品はいくつかあり、例えば3DSや、液晶テレビ、オーブンレンジ、そのショッピングセンターの商品券といったものでした。
その日は友達へのプレゼントとして購入目的のものがあったので、まずはそのお店へ行き、早速商品を購入すると応募用紙がもらえました。
帰りに応募用紙を入り口付近にあった専用の応募箱に入れて行けばいいと思い、とりあえずカバンにしまいました。
そのあとある程度買い物を済ませ、フードコートでお昼を食べることにしました。
私が食べ終わったのですが、子どもがまだ食べていたので、その間に先ほどの応募用紙に住所や氏名など必要事項を記入してしまおう、と思いカバンの中から応募用紙を出しました。
確かボールペンがカバンに入っていたはず、そう思いカバンの中を探しますがボールペンは見当たりません。
「あっ、今日カバンを変えてきたからボールペンはいれるの忘れたんだ」と気づきました。
出入り口の応募箱に辿りつくまでに「ボールペンが欲しいなぁ」と思っていたら、ちょうど携帯電話ショップでガラガラとレバーを一周回して出てきた色によって景品がもらえる抽選会をやっていました。
誰でも参加できるというし、景品箱には山のようなボールペンがあります。最下位の景品がボールポンだからです。
ちょうどボールポンが欲しかった私は「やってもいいですか?」とその抽選会に参加しました。
ボールポンをもらってさっさと応募用紙に記入しよう!と思っていたのですが、出てきた玉の色をみた店員さんは
「おめでとうございます、一等です」とカランカラン鐘を鳴らし、商品券1000円を手渡してくれました。
「いや、あの~ボールペンが欲しくて」。
そんな時に限ってボールペンを手に入れることはできませんでしたが、不意に商品券をゲットすることができました。わたしのきまり|体験した人の口コミ評判と効果は?

夏休みの主婦仕事に励んだ頃・体力気力フル回転で

7月下旬から8月は夏休み、この時期の思い出は子育て家事に励んだこと、一か月と15日間は長いと感じました。一年中仕事に没頭できる男性には理解不能な日々かなと思う、夏休み前はCOOPで飲み物のジュースをストックしたり、お昼をどのようにすればよいかと思案しました。この期間でいちばんは幼稚園時代、小学生だったらおやつの買い物に行ったり、お友達の家に行ったり手間いらずですが、習慣づけのプロセスはひたすら子育てでした。入園前もまったりでしたが、年少さんからの幼稚園スタイルに馴染むと、夏休みの食事用意とおやつタイムがハイレベルでした。それもベストな食育を考えながらすごしながら、幼稚園課題の夏休みノート、夏祭りに行ったとかレジャーに出かけた夏の日記文章を連日クリア。通常平日は幼稚園の給食ですごすお昼、このジャンルのみでも忙しいというのに、思考回路と神経、体力フル回転の夏シーズンでした。ひと息つけるのが8月初旬、まずまず半月程度を消化すると忙しいながらもよいリズム、動きと思考のバランスがフィットする毎日。お昼用意は幼稚園の給食当番風にできる範囲でキッチン仕事、夏日記の絵日記パーツは子供のジャンルなので描くのを眺めながら、コーヒー・タイムだった。一日雨降りとか出かけない時は朝の子供番組がワンプロセス、番組のキャラクターに没頭している内に朝食の洗い物をのんびり、夏休みにやんわりと安らぐピンポイントです。お盆時期は8月中旬、この時期になれば登園時期までもう少しの気分、やれやれと気持ち落着く夏終息シーズンでした。めっちゃぜいたくフルーツ青汁の効果が知りたい!